[感想]10・9 KING OF PRO-WRESTLING 両国大会 第6試合 真壁刀義 棚橋弘至 vs ジュース・ロビンソン 飯伏幸太

2017年10月9日の新日本プロレス KING OF PRO-WRESTLING 両国大会が開催された。大会の目玉としてオカダ・カズチカの持つIWGPにEVILが挑戦する選手権試合、内藤哲也のもつ1・4東京ドームのメイン出場ができるIWGP挑戦権利証に石井智宏が挑戦した。

G1での因縁を引っ張るカードが複数組まれている。また、田口リコシェが持つIWGPジュニアヘビータッグ王座への挑戦で正体不明の二人組が挑戦するというところも見所。

そこで今回は第6試合の感想を紹介。



第6試合の見どころ

●真壁刀義 棚橋弘至 [パルプフリクション→体固め] ◯ジュース・ロビンソン 飯伏幸太

インターコンチネンタル王者である棚橋が次の挑戦者に指名した飯伏幸太。そのインターコンチネンタル王座戦までの飯伏ストーリー、これに尽きる。棚橋・中邑の下の世代でオカダ・内藤がトップクラスに上がった今、YOSHI-HASHIも含め同じ世代の底上げにかかっている感じがする。
また、先日オメガを追い詰めたものの負けてしまったジュース・ロビンソンのヘビー路線もここでアピールする必要がある試合である。

試合展開

棚橋と飯伏から始まる

ジュースと飯伏が先に入場。次に真壁と棚橋が入場。レフェリーチェックのあと試合開始。スタートは棚橋と飯伏から。ロックアップで
棚橋がロープへ押し込みクリーンなブレイク。再度ロックアップするもすぐに棚橋が飯伏の手を切り、左手を絞り、後ろを回ってヘッドロック。棚橋が首投げでテイクダウンをとるも、飯伏がヘッドシザースで切り返す。棚橋は体を回し、右膝で飯伏の左脛を押し潰しながら脱出し、ヘッドロックの状態の袈裟固めで抑え込む。
ヘッドロックの状態に起き上がった後、棚橋をロープに振る飯伏、棚橋の処理だータックルに倒されるもハンドスプリングですぐに起き上がる。睨み合った後、棚橋がボディーブローを入れロープに走る。そこへ飯伏が伏せたためジャンプで回避するが、飯伏は戻ってきた棚橋をリープフロッグ、そしてドロップキックと繰り出す。そして棚橋を引き起こして自軍コーナへ連れていき。ジュースとタッチ。

ジュースがコーナーに登ると棚橋はするりと飯伏から脱出する。飯伏がリングインすると棚橋が真壁とタッチをする。ジュースと真壁、ロックアップからはじまり、ジュースがヘッドロック。真壁がロープに振り、ジュースが変なショルダータックルを繰り出すも真壁はビクともしない。ジュースが真壁に対してロープに走って見ろとアピールすると、真壁がロープワークを始める。ジュースが伏せて真壁が飛び避ける。そして戻ってきたところにジュースがショルダータックルを当て真壁をダウンさせる。
起き上がってきた真壁に対し、ヘッドバット、ロープへ走るが真壁がパワースラムを狙う。それをどうにか回避してエルボー、さらにロープへ走る。すると今度は真壁に捕まりパワースラム。ジュースは場外へエスケープするも真壁が追撃にでる。真壁は場外で2回鉄柵にジュースを打ち付ける。ジュースをリングに戻し棚橋とタッチ。

棚橋は鉄柵で腰を痛めたジュースに腰を狙うエルボーバット。コーナーにジュースを打ち付けエルボースマッシュ3回。自軍コーナーへ連れて行き真壁とタッチ。

真壁はコーナーでエルボーを連打。飯伏を挑発して棚橋とタッチする。棚橋が頭部を持ち上げたところジュースが反撃、右手のナックルパンチを数発入れる。左でとどめのナックルを入れようと構えたところボディーブローを食らう。棚橋はロープに走ったところジュースがショルダースルーを狙っていたので蹴り上げる。そしてエアギター。
再度走り出すが、ジュースにカウンターのスパインバスターを食らう。ジュースがジャンピングタッチで難を逃れる。

棚橋・飯伏 2回目のコンタクト

飯伏がリングイン。ダッシュでエプロンサイドの真壁にエルボーを入れ場外へ落とす。棚橋がダッシュしてくるところにカウンターでミドルキックを3連打。
棚橋が起き上がったところに打撃のコンビネーションからのミドルキックでダウンを奪う。そこへその場でのムーンサルトプレス。棚橋は返したがバックを取られ投げられそうになる。ロープを掴みガードするが前蹴りをもらいロープに振られる。そこでジャンピングのエルボーで反撃。ダウンしている飯伏に対してエルボードロップ、サンセット・フリップからのフォールも飯伏が返す。

飯伏が起き上がったのを確認しロープへ走る棚橋、スリング・ブレイド?を狙うもいぶしが伏せて避け、バックをとってジャーマンスープレックス。棚橋がたったところにハイキックを見舞うが、棚橋はこれをキャッチしてドラゴン・スクリュー。ダメージの大きい二人はそれぞれタッチを行う。

同時にリングインした真壁とジュース、どちらも中央でラリアットを浴びせるがどちらも倒れない。2回目のラリアットも相打ちで倒れない。ジュースが雄叫びをあげラリアットを繰り出すが真壁はダッキングでこれを回避、ジュースはコーナーに激突する。そこで真壁がラリアットを入れ、セカンドロープに立ちながらナックルの連打を浴びせる。リング中央に戻し、真壁がロープへ走るとジュースはカウンターのビッグブート。そしてパルプフリクションの体制に入るが、棚橋がビンタでカットする。
そこへ飯伏が入ってきて棚橋にミドルキック、真壁にストンピングを入れジュースに檄を飛ばす。
ジュース・飯伏のダブルチームで真壁をロープに振ってクローズライン。それを真壁は突き破り、反撃のダブルラリアットを狙う。飯伏には命中したもののジュースは回避して、逆にフライングのラリアットを真壁に浴びせる。
そこへ棚橋が復帰したため蹴りを繰り出すが、棚橋はこれを捕まえドラゴンスクリュー。そして立ち上がったジュースにスリング・ブレイド。全員がリング上でダウンしている。

ヘビー級としての勝ち星をあげたジュース

棚橋と飯伏が場外へエスケープし、リング上には真壁とジュース。また同時にラリアットを繰り出すもお互い倒れない。すると真壁が右腕のラリアットを出すが、ジュースがこれを避ける。返す刀で真壁の左腕のラリアットがジュースの首を捉える。ジュースを引き起こし、パワーボム!ジュースはどうにか返す。
カットに入ろうとした飯伏を場外に棚橋が落としプランチャ。その間真壁はコーナーに登り、キングコングニードロップをするもジュースは回避。
ジュースはキックを繰り出すも真壁がこれを迎撃、そして反撃するもジュースが躱す。そしてジュースのパンチが命中する。真壁がふらっとした瞬間にパルプフリクション!エビ固めで3カウント入る。

試合後、リング上で棚橋がベルトを飯伏に見せつける。棚橋が至近距離で飯伏に何かを話すが、飯伏は半笑いだった。

第6試合の感想

やはりと言ってはなんだが、棚橋と飯伏の間に激しい絡みはなかった。おそらくインターコンチの王座戦まで激しい絡み方はしないだろう。またジュースにキャリアを積ませるという意味でも真壁に勝つ要素が高かった。フォールが取れる技で繰り出されたものといえばパルプフリクションとニードロップくらいか。
ジュースは外国人レスラーだから、もう少し身幅が欲しいね。

今は間違いなく飯伏ストーリー展開中だと思った。壁として立ちはだかる棚橋、そこへ少しずつ向かう飯伏。密着カメラを入れておくといいドキュメントができるのではないか?あと、棚橋が試合後リングで何をしゃべっているかとても気になる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*