[感想]10・9 KING OF PRO-WRESTLING 両国大会 第9試合 IWGPヘビー級王座戦 オカダ・カズチカ vs EVIL

2017年10月9日の新日本プロレス KING OF PRO-WRESTLING 両国大会が開催された。大会の目玉としてオカダ・カズチカの持つIWGPにEVILが挑戦する選手権試合、内藤哲也のもつ1・4東京ドームのメイン出場ができるIWGP挑戦権利証に石井智宏が挑戦した。

G1での因縁を引っ張るカードが複数組まれている。また、田口リコシェが持つIWGPジュニアヘビータッグ王座への挑戦で正体不明の二人組が挑戦するというところも見所。

そこで今回は第9試合IWGPヘビー級王座戦 オカダ・カズチカ vs EVILの感想を紹介。



第9試合の見どころ

第9試合 IWGPヘビー級選手権試合 ◯オカダ・カズチカ [レインメーカー→体固め] ●EVIL

G1クライマックスでEVILに負けたオカダのリベンジとなるIWGP王座戦。EVILがG1でオカダに勝利した時に超人の倒し方ついて語ったが、それを受けてオカダがIWGPの戦い方を教えるという展開。
内藤vs石井戦と違い、お互いの主張にズレがないため、純粋にどんな戦いになるかが楽しみとなる。また勝者は1・4のメインイベント出場となるため、EVILが買った場合はプロモーションはどうするんだ?というところも気になるところ。

また、前回EVILを受けて負けたオカダがどのような戦い方を見せるのか、EVILは他にも超人の倒し方のバリエーションがあるのかも見どころ。

試合展開

攻め手を探り合う両者

先にEVILが入場。作り込んだPVと従者を従え玉座に乗って登場するEVIL。雰囲気は出ており役作りはバッチリ!次にオカダ・カズチカが登場。場内にレインメーカー紙幣が舞う。オカダのセコンドに外道がつく。
ゴングが鳴っても動かない両者。オカダはコーナーに寄りかかり様子見、EVILも様子見。オカダがコーナーから離れ間合いを測る。オカダがロックアップを仕掛けるも、EVILが前蹴り、ヘッドロック。絞り上げるEVILに対してオカダはロープへ押し込み、ロープへ振る。ショルダータックルはEVILが勝ちオカダを倒し、満足げにあご髭を触る。
再度間合いを測る両者。EVILはロックアップせずに蹴りと逆水平チョップで攻める。そしてヘッドロックに入ろうとするがオカダは抜け出し、逆にヘッドロックを仕掛ける。オカダは絞り上げるが、EVILはサミングでヘッドロックを外し、反対にヘッドロックを仕掛ける。絞りあげるEVILに対してオカダは再度ロープへ押し込み、反対側へ振る。しかし、またEVILのショルダータックルが勝つ。ダウンしたオカダに立つように手で挑発するEVIL。そこでEVILはロープに走る。オカダは伏せ、EVIlが飛び超えてまた戻ってくるところをリープフロッグ、そしてさらに戻ってきたところでアームホイップを二発。そしてEVILをロープに振ってドロップキックを狙おうとするが、EVILはロープを掴んでこれを回避する

EVILがラリアットで仕掛けるがオカダはこれを回避。バックを取りレインメーカーを仕掛けるがEVILもこれを回避。EVILは逆にEVILを仕掛けるがオカダはEVIL背中を押して脱出する。場内も大技の仕掛け合いに盛り上がり、EVILもニヤリと笑う。
また間合いをとる両者。今度はEVILがロックアップを仕掛けるがオカダが蹴りを入れて背中にアームパンチ、後頭部にエルボーと打撃を入れる。EVIL持ち上げ倒し、セントーン・アトミコ。EVILを起こしてネックブリーカー・ドロップ、そして「ワタナベー!」と叫びながらセントーン。フォールをするがEVILはすぐに返す。
ハーフダウンのEVILに対して腕を交差させて後ろから締め上げるオカダ。かろうじてEVILはロープエスケープをする。
ロープ側でフライングメイヤー、ハーフダウンの状態にスライディングキック。EVILは場外へ落ちる。オカダは場外へ追撃にいくが、起こそうとしたところに反撃を食らう。EVILはオカダを鉄柵に打ちつけようとするが、切り返されて自分が鉄柵に激突してしまう。そこへオカダは襲いかかるが、EVILがカニばさみでオカダを倒し鉄柵へぶつける。
EVILがリング下からパイプ椅子を取り出しオカダを攻撃。オカダの首に椅子を引っ掛け鉄柱にぶつける。椅子でしたたかに顔を打ったオカダに、EVILはさらに椅子攻撃を仕掛ける。次はオカダの首に椅子をかけて、その椅子を別の椅子で強打しオカダの首にダメージを与える。

G1の戦いをダブらせる

リングに戻った両者。EVILはオカダの首を狙いにいき、足をかけて両手でオカダの首を捻りにいく。オカダはたまらずロープエスケープ。ネックブリーカードロップからフォール。オカダは2で返す。
EVILはオカダを挑発しながら頭を軽く蹴り続ける。場内オカダコールが起こり立ち上がったオカダはEVILにエルボーバットを入れる。強烈なエルボーを入れるが、EVILは技を受けた力を利用して開店してのダブルのハンマーパンチ、オカダはダウンする。そこへセントーン、フォール。返すオカダを起こし、サミングを入れながらのサーフボードストレッチ、そして蹴り込む。さらにネックロックで追い込む。外道がエプロンをバンバンとうるさく叩く

ボディにエルボーを入れ反撃にでるオカダだがニーリフトで返されコーナーに振られてしまう。「オカダー」と叫びながら突っ込むEVILを両足でブロックし、ロープへ走ってのバックエルボーでEVILを倒す。

外道がバンバンとして気合を入れる。エルボーで攻撃、ロープへ振ろうとするのをEVILが返そうとするがさらにキックで切り返してDDT。ハンドスプリングで立ち上がる。
EVILが立ち上がりボディにエルボー、ニーリフトで反撃。ロープへ走ったところをフラップジャックで返される。オカダがフォールするも2で返す。

コーナーよろけたEVILにジャンピングのバックエルボー、前蹴りからのDDTを狙うもEVILはエルボーで返す。
コーナーにふらついたオカダに対して突撃するEVIL。オカダはこれを捕まえコーナーに座らせ、ドロップキック。EVILは場外へ転落する。オカダはこれを追撃し、EVILエオ鉄柵に激突させる。さらにダッシュして蹴りを入れ鉄柵の外に落とす。
手拍子を促すオカダは距離をとる。そしてEVILに向かってダッシュする。EVILは合わせて椅子を投げつけるが、オカダはダッキングで回避して鉄柵越えのフライングボディアタック!

先にリングに戻ろるオカダ、場外カウントが進むもまた場外へ降りていく。EVILをリングに戻そうとするオカダに対して、EVILは反撃。オカダを無人の客席へと投げつける。オカダを抱え上げ客席へ向かってダークネスフォールズを狙うが、オカダは脱出する。しかし、EVILがラリアットを入れ、鉄柵を超えるようにオカダを倒す。EVILがオカダをリングに戻す。

EVILの厳しい首攻め

オカダをロープへ振り、旋回式のサイドバスター、エビ固めはオカダは返す。EVILはフィッシャーマン・バスターを狙うがこれを回避、フロントのハイキックを入れてからリバースネックブリーカー。両者首のダメージによりダウンの状態が続く。
EVILの逆水平が入り、さらに畳み掛けようとするがフロントのハイキック、EVILはこらえて再度畳み掛けようとするがエルボースマッシュ。そしてツームストンに行こうと抱え上げるがEVILは脱出してバックを取る。
オカダはエルボーで一度は脱出するが再び捕まって投げっぱなしのジャーマンスープレックスを受けてしまう。

フラフラしながらなんとかコーナーに立ち上がるオカダ。そこへ「オカダー」と叫びながらラリアットを狙うEVILだが、フロントのハイキックでオカダはこれを阻止。しかしEVILは諦めず回転してオカダの足を払いラリアットを狙うが、オカダはエルボーでこれを阻止。しかしEVILは諦めずラリアットを叩き込む。
オカダをコーナーに座らせ、雪崩式のフィッシャーマンを狙うが、オカダがエルボーで反撃しEVILを突き落とす。
オカダはコーナーでEVILが立ちあるのを待ってミサイルキックを放つがEVILはこれを避け、オカダが自爆した形となる。
バンシーマズルでオカダの顔を締め上げる。苦悶の表情を浮かべるオカダに、外道がバンバンとエプロンを叩いて応援。どうにかローぷブレイク。

オカダを挑発しながら足蹴にするEVILに対して、もっと蹴ろというオカダ。お互いに「もっと来い」「そんなもんか!」といった挑発をしながらエルボーを打ち合う。
EVILの強烈なエルボーを浴びるも立ち向かうオカダだがダメージは隠せず、動きが止まる。そこへEVILがロープへ走ってのラリアットを狙うが、オカダはダッキングで躱しロープへ走る。
EVILは展開を読みコーナーへ一旦走り、タイミングをずらして戻って技を仕掛けようとするが、オカダはリング中央で反転してドロップキックでEVILを迎撃する。そしてダイビングエルボードロップ!

IWGPの戦い方

レインメーカーポーズでアピールしてレインメーカーを狙うが、右腕にダブルチョップを受けて反撃され、さらにローリングのエルボー?ナックル?を受ける。
EVILが背中でレフェリーをコーナーに抑え込むような体勢の中、オカダはランニングのバックエルボー。これが見事にレフェリーに命中する。
レフェリーがダウンしている中、フィッシャーマンの形でオカダをコーナーマットに激突させる。レフェリーが場外でダウンしている中、EVILはリング下から大量の椅子をリング内に入れる。
そしてオカダを捕まえ、ダークネスフォールズを狙うが、オカダはフランケンシュタイナーで返し、EVILが椅子の上に落ちる。
オカダが椅子を場外へ蹴り出し、EVILにツームストンパイルドライバー!そしてレインメーカーを狙うが今度はダークネスフォールズで切り返されてしまう。

両者ダメージが大きくダブルノックダウンが続く。膝立ちの状態でエルボーの打ち合い。立ち上がってエルボーの打ち合い。オカダがエルボースマッシュに切り替えて主導権を握る。強烈なエルボーでダウンするEVIL。踏みつけるようなストンピングでブーイングが起こる。レフェリーの静止を振りほどいて攻撃しようとするオカダをうまくキャッチしてタイガー&ドラゴンスープレックス。そして強烈なラリアットをオカダに入れる。

次はEVILがストンピング。コーナーにオカダを座らせて雪崩式のフィッシャーマンズスープレックス!エビ固めはオカダがかろうじて返す。
首を搔き切るポーズからEVILを狙うが、オカダはバックを取りジャーマン、フックを外さず引き起こしてレインメーカーを狙うがこれを頭突きで切り抜ける。
リバースDDTのような体勢から持ち上げ、サイドバスターのように落とす。片エビ固めをなんとか返すオカダ。外道がバンバン応援する

EVILを狙うも回転して回避し、左腕を持つような形でレインメーカー!両者ダウンから立ち上がりもう一発ラリアットを入れる!
そしてレインメーカーを狙うがEVILで切り返そうとする。そこでオカダは回転して脱出、そのまま持ち上げ旋回式のツームストンパイルドライバー!さらにレインメーカー!3カウントが入り、オカダの防衛が成功する。

1・4で対戦するオカダと内藤

外道がエプロンで倒れているEVILに対して「お前は2度と超人には勝てない。なんでかわかるか?レェェヴェルが違うんだよ!!」と言い放つ。

試合後に外道が内藤をリングに呼びつけると、内藤が登場!マイクで「EVILを倒したオカダと石井を倒した俺。2018年1月4日東京ドーム大会のメインイベントIWGPヘビー級選手権試合は、オカダ・カズチカ対内藤哲也でよろしいでしょうか?」と観客へ向かって質問を投げつける。
万雷の拍手が起こる。「とは言え、まだ3ヶ月も先のことなので楽しみに待っていてください。2018年1月4日東京ドーム大会までトランキーロ!あっ・・」といったところで、オカダが「内藤さん」と決め台詞を遮る。オカダファンの歓声とLIJファンのブーイングが入り乱れる中、「話が長いんですよ!」といい、内藤を退場させる。

両雄にらみ合い、内藤は退場。オカダは内藤が忘れていった権利証のアタッシュケースに乗り、「3つ言わせてください。1つ、EVIL、これがIWGPの戦い、そして勝ち方だ。覚えておけ。」「2つ。次はレッスルキングダム12。みなさん、楽しみにしててください。」「3つ、特にありません。なんて、俺は言えないよ!なぜなら2018年1月4日楽しみでしょうがないんだコノヤロー!内藤さん、俺はトランキーロじゃいられないよ。楽しみにしてるからな。あなたは絶対に勝つことはできない。なんでかわかるか、みんなわかってんだろコノヤロー。」そして最後に金の雨が降り大円団で終わる。

第9試合の感想

面白い試合であった。前の戦い方を伏線にして、トレースさせたりすることで戦いが続いていることをちゃんと伝えている。ただ目の前にいるから、口論したから戦うんではなく、短編ではあるがストーリーがあった。そういう点ではオカダもEVILも良かった。ただEVILにも誰かセコンドついた方が良い。その方がユニットとしての話も広がるだろう。
何より試合後に内藤を呼び出した外道が良かった。決め台詞は最後まで言えなかったが、内藤が出てきたことと1・4のことをオカダと内藤がそれぞれ言葉にしたのでより盛り上がることになった。観客の満足度も高かっただろう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*