[感想]10・9 KING OF PRO-WRESTLING 両国大会 第4試合 IWGPタッグ選手権試合 3WAYトルネードイリミネーションマッチ ウォー・マシン vs K.E.S vs G.O.D

2017年10月9日の新日本プロレス KING OF PRO-WRESTLING 両国大会が開催された。大会の目玉としてオカダ・カズチカの持つIWGPにEVILが挑戦する選手権試合、内藤哲也のもつ1・4東京ドームのメイン出場ができるIWGP挑戦権利証に石井智宏が挑戦した。

G1での因縁を引っ張るカードが複数組まれている。また、田口リコシェが持つIWGPジュニアヘビータッグ王座への挑戦で正体不明の二人組が挑戦するというところも見所。

そこで今回は第4試合の感想を紹介。



第4試合の見どころ

●ウォー・マシン(ハンソン レイモンド・ロウ) [キラーボム] ◯KES(デイビーボーイ・スミスJr ランス・アーチャー) [キラーボム] ●GOD(タンガ・ロア タマ・トンガ)

IWGPタッグ選手権試合。9月のカードと同じ組み合わせ。試合形式が3ウェイトルネードイリミネーションマッチ。先日行われたメンツと同じであるものの、イリミネーションマッチの要素が追加された。反則、場外のない3チームが入り乱れた試合でWWEではよくある形式。ただ日本のファンではどうであろうか。
ランス・アーチャーが入場時に水を吹きまくるのも見どころの一つ。ハンソンのムチムチボディーも見どころ。

試合展開

場外乱闘から始まる

まずGODのタマ・トンガとタンガ・ロアが入場。次にウォー・マシンのハンソン、レイモンド・ロウが入場。そしてゆっくりとKESのランス・アーチャーとデイビーボーイ・スミスJrが登場。ランスが観客に水を吹き掛けながらリングに近づく。リングサイドでKESとウォー・マシンが睨み合っているところ、ぐるりと回ってKEDの背後に回ったGODが襲いかかる。そのまま場外戦が始まり、ウォー・マシンとGODが共闘し、KESを分断して痛めつける。

ウォーマシンが先にリングに戻り、二人掛かりでスミスを攻撃。ロウがスミスにフライングメイヤーでダウンさせたところに、ハンソンがランニングのボディアタック。スミスはたまらず場外に落ちる。ウォーマシンが場外に追いかけていくと、代わりにリング上にはGODとランス。ランスがタマ・トンガを持ち上げるが、タンガ・ロアが背後から攻撃。ランスをロープに振り、交互にパンチを入れて、タマ・トンガがネックブリーカーのようなリバースのガンスタン、タンガ・ロアのギロチンドロップを見舞う。ダメージを受けたランスは場外へスルスルとエスケープする。

そのタイミングでウォー・マシンがリングイン。GODと睨み合い殴り合う。打撃でコーナーに追い詰められるウォーマシンは対角に振られるのを返し、ハンソンがタマ・トンガを、ロウがタンガ・ロアを担ぎ上げる。軽くものを投げるように二人を中央で投げ合い、空中で衝突させる。ダメージによりタマ・トンガが場外に転げ落ちる。
ダウンしているタンガ・ロアに対して、ハンソンをボディスラムで叩きつけるロウ。場外にタンガ・ロアを落としリング下で何か探し出す。スチールのバケツを見つけたロウに背後からランスが突撃。鉄柵の外にロウが落ちる。ランスは鉄製のケースを拾いハンソンに襲いかかるも、ハンソンはこれを側転で回避。カウンターでラリアット!ランスの落としたケースを拾ったハンソンだったが、背後からタマ・トンガが飛びかかり、鉄柵の外へ落ちる。そのタマ・トンガに対してスミスがビッグブート!スミスがゴミ箱の蓋を拾いタンガ・ロアを叩くも相打ちとなり二人は倒れる。乱戦の中から立ち上がるロウとタンガ・ロア。ロウはタンガ・ロアを持ち上げ倒れているスミスに投げつける。ロウはリングに上がり周りを見回したのち、KESに向けてトペ・スイシーダ!そして、ハンソンもGODに向けて飛び込もうとするところを、カウンターでゴミ箱攻撃。GODがリングに戻り、ハンソンに対してゲリラ・ウォーフェア!タンガ・ロアがフォールするもハンソンが返す。リング中央に倒れているハンソン、そこでGODはコーナーに登る。ジャンプしようとした時にロウがタマ・トンガを突き落とす。タンガ・ロアはジャンプするもハンソンがくるくるっと回転して逃げたことでボディプレスは自爆。GODは二人とも場外へ

全軍入り乱れ合体技を繰り出すも決まらない

ランスがリングに復帰し、ロウの首を掴んでのフロントスープレックス。コーナーに寄りかかっているウォー・マシンは見てハンソンのように雄叫びをあげながら拳を突き上げる。ランスは往復のラリアットを見舞うも、2回目で反撃を受ける。ハンソンの蹴り、ロウのジンプしてのパンチ、そしてハンソンがランスを持ち上げロウがそれを背後から抱きかかえる。そしてハンソンがセカンドロープからのラリアット。スミスがカットに入りウォーマシンとランスは場外へ落ちる。

タマ・トンガがリングに復帰し仕掛けるも、スミスが返しバックドロップ。リング中央でシャープシューター。ランスが竹刀を持ってタマ・トンガにチョーク。
タンガ・ロアが場外からゴミ箱の蓋を持ってきてKESを強かに打ってカットする。リング内にロウが復帰し、タンガ・ロアに攻撃を仕掛けるも返され、スピンアウト・パワーボムを食らう。復帰したランスめがけて突撃するも、スクラップバスターのように叩きつけられて場外転落。

コーナーにいるハンソンめがけてランスは突撃するもカウンターでヒップドロップを食らう。そこにスミスが復帰してハンソンにリバースDDT、ハンソンが場外に落ちる。
するとタマ・トンガが復帰し、スミスにヴェレノを決める。スミスが場外に落ち、ロウが復帰。タマ・トンガの攻撃を回避して腰投げのようにしてタマ・トンガを一回転、ハーフダウンの状態にして強烈な膝蹴りを入れる。タマ・トンガは場外へエスケープ。ここでランスがリングインしチョークスラムを狙うも脱出される。ロウが脱出の回転に合わせてラリアットを狙うもランスが回避して腕を絡め、フルネルソンの状態に。そこへスミスが戻ってきてキラー・ボム!しかし、ロウが自力で返す。追撃するスミスにGODが襲い掛かりスミスも場外に転落、リング上にはGODとランスに。

ランスはGOD相手に両手でチョークスラムを狙うもパンチで反撃される。そしてランスにゲリラ・ウォーフェア!しかしランスが自力で返す。ランスが場外にエスケープすると、ハンソンがリングに復帰しGOD相手に大立ち回り。コーナーに倒れ込んだGODを見て雄叫びをあげながら拳を突き上げる。往復の串刺しラリアットを狙うもタマ・トンガに抱え上げられコーナーマットに叩きつけられ、そこにタマ・トンガがボディスプラッシュ。その後ハンソンは対角のコーナーに振られるもリック・フレアーのようにくるりと開店してエプロンサイドに着地する。

襲いかかるタマ・トンガに対してロープを引き下げ身を伏せることで場外に落とし、タンガ・ロアにはカウンターでの頭突きをお見舞いする。ふらふらのタンガ・ロアに対してロウが腰投げからの膝蹴りを入れ、そこからのフォールアウト!そしてハンソンは場外のKESにトペ!その間ロウがフォールするもタンガ・ロアが返す。
この時点で全チームの合体技が出るも決まっていない。

ウォー・マシンがリング下を物色し、ロウがテーブルをリングに入れる。タマ・トンガが金属のトレイでロウを強打、竹刀を持ってリングインしたハンソンの攻撃をかわしてハンソンを強打、同じトレイを持ち出したランスのトレイを撃ち落とす。
再度ランスを強打しようとするも、ランスがパンチでトレイごとタマ・トンガを撃ち落とす。しかし背後から椅子を持ってきたタンガ・ロアがランスの腹部、背中を強打する。ランスは場外に転げ落ち、代わりにスミスがリングイン。椅子を奪ってタンガ・ロアを強打する。スミスが椅子を使いコーナーのトップロープとセカンドロープに罠を設置、そこへ突撃してきたタンガ・ロアが衝突する。
そしてKESはキラーボム!カットに入るタマ・トンガをロウがカットする。3カウントが入り、GODがまず退場することとなる。

KESがIWGPタッグ初防衛

ロウがランスとスミス相手に立ち回り、スミスをパワースラムのように投げ捨てる。ロウがスミスを投げて膝蹴りを入れようとするところに、タマ・トンガがトレイを持ってロウを襲撃する。ダウンしているロウに対してトレイでの乱打、スチールのゴミ箱への殴打をする。スミスにアピールして去っていくGOD。KESはこの隙にキラーボム!
フォール中にハンソンがコーナーから飛びかかりカットする。

テーブル設置にもたつくハンソンに対してKESはキラーボムを狙うも、脱出し再度テーブルを設置する。ランスを殴りながらテーブルにランスを寝かせ、コーナーに登るハンソン。ハンソンのムーンサルトの気配に場内が大盛り上がり。
しかしスミスがこれをカットしてハンソンを抱え上げる。そのままテーブル越しにランスと合体してキラーボムを炸裂させる。最後は二人掛かりで押さえ込み3カウント!
KES初防衛成功!最後はヤングライオン相手に暴れまわる。

第4試合の感想

タッチが無い分入れ替わりのめまぐるしい試合だった。それぞれが活躍する場面もありなかなかいい試合だったのでは、と思う。ただ3WAYを受け付けない人からすれば全てがだめなんだろう。何よりハンソンがいい。最近のレスラーは体型がシュッとした感じが増えてきたので、ハンソンのような体型は良い。見ただけで重そうだからジャンプしたり側転したりするだけで、オオッとなる。

IWGPタッグは予想通りのKES防衛だった。このメンツでの試合に目新しさが無いため、GODはNEVERに行って欲しいなあと思う。もっとタッグのベルトも盛り上げよう!

この試合、全体的によかったが特によかったなーと思うのはハンソンとランス。ハンソンはテーブル設置のモタモタ込みで。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*