[感想]10・9 KING OF PRO-WRESTLING 両国大会 第5試合 邪道 バレッタ YOSHI-HASHI vs マーティ・スカル コーディ ケニー・オメガ

2017年10月9日の新日本プロレス KING OF PRO-WRESTLING 両国大会が開催された。大会の目玉としてオカダ・カズチカの持つIWGPにEVILが挑戦する選手権試合、内藤哲也のもつ1・4東京ドームのメイン出場ができるIWGP挑戦権利証に石井智宏が挑戦した。

G1での因縁を引っ張るカードが複数組まれている。また、田口リコシェが持つIWGPジュニアヘビータッグ王座への挑戦で正体不明の二人組が挑戦するというところも見所。

そこで今回は第一試合の感想を紹介。



第5試合の見どころ

●邪道 バレッタ YOSHI-HASHI [チキンウィングフェイスロック] ◯マーティ・スカル コーディ ケニー・オメガ

CHAOS vs バレットクラブの一戦であり、YOSHI-HASHI対オメガの前哨戦になる。ポイントはYOSHI-HASHIがどのように絡みオメガに肉薄できるか、USヘビー王座戦前にダメージを与えることができるかであろう。是非とも下馬評を覆す動きをYOSHI-HASHIには期待する。

試合展開

まずはバレットクラブの3人マーティ・スカル、コーディ、オメガそれぞれ一人ずつ入場。これはおそらくコーディもオメガもタイトルホルダーであるため。続いてCHAOSの3人が一緒に入場。YOSHI-HASHIがオメガに向けて放ったTシャツでオメガがお尻を拭き互いに挑発。

YOSHI-HASHI、オメガで開始

YOSHI-HASHIコール、オメガコールが起こりそれぞれが先発する。ロックアップから始まり、オメガのヘッドロック。YOSHI-HASHIがロープに振るもショルダータックルで倒される。オメガが自分からロープに走り、ジャンプさせようとYOSHI-HASHIが伏せるもオメガに踏みつけられる。頰を叩くオメガにエルボーで反撃、ロープに飛んで戻ってきたオメガにバックエルボー、立ち上がりにはショルダータックルで倒す。コーディが入ってきたところヘッドハンター!コーディは場外へエスケープする。
ダメージから復帰したオメガに蹴りを入れロープに振ろうとするも逆にロープに振られる。エプロンサイドではスカルが待ち構えており、YOSHI-HASHIに蹴りを入れる。そのスカルをエルボーで場外に落としあと突っ込んできたオメガをショルダースルーで場外に落とす。場外のオメガに向けてスライディングをするが躱されて囲まれてしまう。
オメガがラリアットを見舞うもYOSHI-HASHIはこれを回避したためスカルにラリアットが命中する。追撃を行うYOSHI-HASHIだが3対1でやられる。そこへ邪道が加勢して3対2の状態で場外で揉み合う。
するとバレッタがコーナーポストへ登り、一団に向かってトペ・コンヒーロを命中させる。

オメガをリングに戻し、バレッタとタッチ。CHAOS3人でオメガに攻撃を加える。オメガをコーナーに振り、YOSHI-HASHIのバックエルボー、そのままオメガを対角に振ってバレッタのトラースキック、中央で前かがみのオメガに対して邪道が蹴り上げ起こしたところをバレッタがゴブストッパーで蹴り上げる。フォールするがオメガは返す。追撃を狙ったバレッタにサミングをして脱出、コーディにタッチする。

バレッタが捕まる

コーディはバレッタに蹴りを入れ、右手にキスをするよう手を差し出すも払い除けられ逆水平チョップを食らう。コーナーのもたれかかったところでスカルがタッチ。リングインするも前蹴りをくらいロープへ振られる。ショルダースルーを狙ったバレッタであったが、スカルに胸を蹴り上げられてフラフラしているところをコーディのナックルを浴びてダウンする。スカルがフォールするもバレッタは返す。
スカルがストンピングを入れ再度フォールするもバレッタは返す。スカルが手四つの状態を作り後転したことでバレッタの指が決められた状態になる。続いて指を踏みつけた状態で頭を捻り、指にフットスタンプ。バレッタをコーナーに連れていきオメガとタッチ

オメガは戯けながら着ているTシャツでトップロープを拭き、左膝の状態を確認し、トップロープからのスレッジハンマー。そしてバックブリーカーからフォール。返すバレッタを起こしコーナーへ連れ戻してコーディとタッチ。

打撃で反撃するバレッタは対角のコーナーにコーディを振るも切り返され自分が振られる。前転して激突を回避し、コーナーに座る体制になる。そのまま逆の戻って着地したところにコーディのディザスターキックが炸裂する。リング中央にダウンするバレッタに対して寝そべり顎に手を当てるポーズで挑発する。
起き上がろうと四つになるバレッタに対してコーディーは背後からヒップドロップ、そしてアピール。再度ヒップドロップして自陣コーナーへ。オメガとスカルがセコンドのようにマッサージをして妙な盛り上がりを見せる。そしてヒップドロップを繰り出すがバレッタが体を回転させ両足でガード、コーディは股間を強打して悶絶する。
タッチに行こうとするところオメガがコーナーにいるYOSHI-HASHIと邪道を攻撃して場外に突き落とす。リング上にはバレットクラブ3人とバレッタ。オメガとスカルはバッレッタにストンピングを入れてダメージを与えたあと、コーディの股間を心配する。オメガにタッチする。

オメガはバレッタを捉え、「ワンブート」とアピール。スカルがコーナーに足を突き出し、そこにバレッタの頭部を打ち付ける。そしてスカルにタッチ。

スカルは鳥(カラス?)が羽ばたくようなパフォーマンスを見せ、オメガと同じように「トゥーブーツ」と叫ぶ。オメガとコーディが足を合わせるようにコーナーに突き出し、そこへバレッタの頭部を打ち付ける。オメガとタッチ。

オメガは「フォーブーツ」とアピール。コーディとスカルはトップロープにぶら下がるような体勢で両足をコーナーに乗せる。助走をつけてバレッタの頭部を打ちつけようとするも、バレッタは切り返しオメガが打ち付けられる。そしてその反動でコーディとスカルも落下する。
しかし、ふらふらのバレッタはなかなかタッチにいけずオメガに捕まってしまう。足を取ったオメガに延髄斬りを狙うも避けられる。バレッタは背後から持ち上げらバックドロップのようになるところを体を回転させて脱出。しかしフラフラしてバレットクラブ側のコーナーにもたれかかる。
オメガがバックエルボーを狙いに突進するも、バレッタはなんとかこれを回避する。そのタイミングで復帰したスカルがまたもや落ちてしまう。
力を振り絞りスイングDDTをオメガに食らわせ、YOSHI-HASHIにタッチ。

YOSHI-HASHIとオメガが絡むも

YOSHI-HASHIがリングインし、コーディの突撃のはバックエルボー、オメガにロープに振られてからのヘッドシザーズホイップ。さらに向かって来たコーディーをトップロープに乗せてお尻にドロップキックしコーディは場外に落下する。そしてコーナーのオメガに逆水平、バンカーバスターからフォール。オメガが返し、声援が起きる。
オメガが反撃に転じ、カミカゼからのムーンサルトプレス、フォール。YOSHI-HASHI も返す。オメガがスカルにタッチ。

スカルはYOSHI-HASHIの指にフットスタンプ。打撃を入れて「カモーン」と挑発、YOSHI-HASHIが反撃する。ロープに走ったYOSHI-HASHIにトラースキックをするモーションを見せガードさせたところ、足へのトラースキックを入れダウンさせる。YOSHI-HASHIも足を取らせて回転しながら胸板をけりコーナーへ、邪道とタッチ。

邪道がリングイン。邪道はアピールを入れながら逆水平チョップ。最後までポーズが行ったところ振り返った際にスカルがボディにヘッドバット。邪道の左手の指を取り指折りを仕掛ける。痛がる邪道の背後からチキンウイングを狙うも、邪道が丸め込む。スカルは返した後に反撃するも、邪道はグリーンキラーを仕掛けフォール。コーディがカットに入る。コーディにはバレッタが向かいラリアットでもつれながら場外へ。オメガがリングインしたところにYOSHI-HASHIがラリアット。「邪道さーん」と鼓舞した後、場外のオメガに追撃にいく。クロスフェイス・オブ・JADOを仕掛ける。ジワジワとロープへ逃げているところ回転してポジション修正を行う際に技が解ける。そしてスカルがクロスフェイス・チキンウイングを仕掛け邪道がギブアップをする。

試合後、リング上に睨み合うYOSHI-HASHIとオメガ。そしてコーディが指輪を見せつけ、観客にキスするように言いながら帰っていく。

第5試合の感想

YOSHI-HASHIとオメガ、特に強い因縁を作ることはなかった。前哨戦の意味もなかった気がする。オメガは流してたし、ダメージをお互い与えないような感じか。
ただ試合は面白かった。特にバレットクラブが楽しそうで、コーディがいい味を出していた。
まあ、最後に邪道がギブアップしたのは首が痛かったということで。

さて今回特にオメガにハプニングが起きなかったため、なかなかYOSHI-HASHIが勝つストーリーが見えにくくなった。今度の試合でUSヘビー王座がどのような位置付けなのか、またYOSHI-HASHIの今後のポジションが決まってくるだろう。新しくSHOとYOHもCHAOSに入ったからしっかりしたポジションを作らないとマッチメイクから外れるんじゃないかと心配。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*