[感想]10・9 KING OF PRO-WRESTLING 両国大会 第3試合 IWGPジュニアタッグ選手権試合 田口JAPAN(リコシェ 田口隆祐) vs RPG3K(SHO&YOH)

2017年10月9日の新日本プロレス KING OF PRO-WRESTLING 両国大会が開催された。大会の目玉としてオカダ・カズチカの持つIWGPにEVILが挑戦する選手権試合、内藤哲也のもつ1・4東京ドームのメイン出場ができるIWGP挑戦権利証に石井智宏が挑戦した。

G1での因縁を引っ張るカードが複数組まれている。また、田口リコシェが持つIWGPジュニアヘビータッグ王座への挑戦で正体不明の二人組が挑戦するというところも見所。

そこで今回は第3試合の感想を紹介。



第3試合の見どころ

田口JAPAN(●リコシェ 田口隆祐) [3K→体固め] RPG3K(SHO&◯YOH)

田口ジャパンvsロッキー・ロメロが連れてくるROPPONGI 3K(RPG3K)のIWGPジュニアヘビータッグ選手権試合。ロッポンギヴァイスを解消していたロメロが新しく二人を連れくるとして組まれたタイトルマッチ。正体不明なのにタイトルマッチなの?ということからちょっとした有名人が出てくることが予想された。

選手入場で姿を現したのは海外遠征中のユニットであったSHOとYOH。その凱旋試合の内容が注目される。

試合展開

まずロッキー・ロメロが先に入場してマイクで謎の二人をマイクで呼び出す。スモークの中から金色と銀色の二人が登場し、この時名前が伏せてあったXが海外遠征中のSHO(金)とYOH(銀)であることがわかる。会場大興奮!
YOHは小松洋平でSHOは田中翔、海外では天ぷらボーイズの名前でユニットを組んでいた二人の凱旋帰国だった。

小松と田中の凱旋、そしてYOH、SHOで登場!

そのあと田口がクレームをつけるアクションを取りながらリコシェと登場。入場しようとエプロンに上がった時にRPG3Kより奇襲のドロップキックを受ける。そして場外へ落ちた二人に対して、RPG3Kが同時にノータッチのトペ・コンヒーロをお見舞いする。二人をリングに戻しSHOがリコシェ、YOHが田口を相手にコーナーで攻撃。

対角線で衝突させるように田口とリコシェを振るも、田口ジャパンは腕を絡ませそれぞれがターンしてコーナーにいるRPG3Kに飛びかかる。しかしPRG3Kはスッと避け、逆に相手を入れ替えた飛びかかる。が、さらにこれを田口ジャパンが避けてリコシェはエルボー、田口はラリアットを命中させる。

SHOが場外に落ち、残ったYOHを田口ジャパンが二人掛かりで攻撃。まず、をロープに振り、田口が前で伏せる。それをジャンプで躱して走るYOHをリコシェがリプフロッグ。戻ってきたところにリコシェが伏せて、それをジャンプで回避するがそこに田口のジャンピングヒップアタックが炸裂する。

SHOが場外に落ち、入れ替わりにYOHがリングインするもリコシェに捕まりリング中央に転がされる。そこへ田口のスライディングケツからのリコシェがセカンドロープからのムーンサルトプレス。その後コーナーにYOHを振って、田口のエルボー、リコシェのエルボー、リコシェの2回目のエルボーからのリコシェを土台にした田口のヒップアタックが炸裂する。

田口がリコシェにブロックサインを送りリコシェもサイン確認。田口はコーナー中段でお尻を突き出し待機。リコシェがYOHを痛めつけてコーナーの田口めがけて振ろうとするも、逆に返されてリコシェが田口のお尻激突する!

RPG3K、田口を痛ぶる

お尻をYOHに喰らわせたと思い喜ぶ田口だったが、後ろからYOHにドロップキックをくらいコーナー中段に座り込む形になる。そこDHOがエプロンサイドから田口の顔面を蹴りダウンさせる。リング中央で倒れている田口に対してSHOがストンピング、片足で踏むようにフォール。田口が返すとその場でニードロップ。そして海老固め。また田口が返すとフットスタンプ。再度エビ固めをするも田口がまた返す。コーナーへ田口を連れて行きタッチ。

YOHが田口を捕らえ、SHOが胸板へミドルキック。田口はたまらずダウンする。SHOは田口を起こしコーナーに降った後、串刺しラリアット、リング中央にアームホイップでテイクダウンを取り回転するように脇固めの体勢に入る。
田口はロープにエスケープし、一旦ブレイクするも再度捕まりコーナーへ連れて行かれる。

SHOからYOHへタッチし、キック、チョップを入れる、田口も数発チョップを返すが、前蹴りとハンマーパンチでうつ伏せに潰れる。YOHがボディスラム、片エビでフォールするも田口は返す。攻撃は続き首4の字固め。田口が転がりながらロープへエスケープしてブレイク。

YOHからSHOへタッチ。SHOが田口をロープに振りキッチンシンク。ハーフダウンの状態の田口にフロントネックロック。田口もボディにパンチを入れ反撃するもエルボーを入れられ攻撃が止まる。腕を取り上げコーナーによりYOHとタッチ。

二人で田口をロープに振り、SHOが伏せたところを田口がジャンプして回避、着地地点でYOHがカニ挟みで田口を捉えてダウンさせる。ロープへ走ったSHOが低空のドロップキックを田口の頭部に入れる。YOHがフォールするも田口が返す。YOHが田口にアトミックドロップ、次にSHOがアトミックドロップ、そして二人掛かりでアトミックドロップに行こうとするも田口がクルリと回り脱出。田口は反撃しようとするが、ダブルの前蹴りで止められる。RPG3Kの二人が同時にロープ走りダブルのタックルをしようとするも、田口が両手を上にピーント伸ばして体を補足することでSHOとYOHの間をすり抜ける事に成功!二人にドロップキックを入れてリコシェにタッチ。

リコシェ奮闘もRPG3Kのチームワークが上回る

リコシェがトップロープを越えリングイン。SHOにジャンピングエルボーをし場外に落とす。YOHとのロープワークの駆け引きでリープフロッグで飛び上がったYOHに対してドロップキック。直後SHOに捕まりコーナーに振られる。リコシェに向かってSHOが突っ込むがリコシェが回避しコーナーマットに激突する。そこにフィンタ・デ・レギレテ
の要領でキックを見舞う。スワンダイブで技をかけようとするもSHOが避けたのでそのままジャンプして着地。向かってきたSHOを持ち上げロープにぶつけ、反動で戻ってきたところにダイヤモンドカッター。SHOが場外にエスケープしYOHが入ってくる

リコシェがノーザンライトスープレックスから連続でブレーンバスターへの力技を繰り出す。そしてその場でファーストクラス・フライト。どうにかYOHが返す。
引き続きバックを取り技を仕掛けようとするが、YOHが脱出しロープに走るがエルボースマッシュで迎撃される。今度はリコシェが走るが左足を取られテイクダウン。YOHはラ・マヒストラルを仕掛ける。返された直後体を入れ替えフェイスロック。ロープブレイク後にSHOへとタッチ

二人掛かりでリコシェを攻撃するも脱出され、YOHの頭をSHOに抱えさせてダイヤモンドカッター。SHOが倒れたことでYOHにDDTを食らう形になる。リコシェが田口とタッチ。田口はSHOにブレーンバスターを仕替えるが脇固めで返される。すぐに脱出してサイモン&ガー・ファンクル。脱出されたので再度ブレーンバスターをしようとするもフロントネックロックで切り返される。
SHOがショックアローの体勢に入るもどうにかショルダースルーで切り返す。田口が延髄斬りでSHOをダウンさせるもYOHが入ってくる田口にエルボー。リコシェが入ってきてYOH一回転してからのドロップキック。そのリコシェに対してSHOがラリアット、リコシェが一回転する。

SHOがYOHにタッチ。田口にダブルニーアタック、SHOがカナディアンバックブリーカーの状態で田口を抱え、ロープから戻ってきたYOHがネックブリーカーをかけるツープラトン!田口がフォールされるも間一髪リコシェがカットする。リコシェはまずSHOを場外へ落とし、走ってくるYOHに対してヒップアタック、そして場外のSHOへ変形のムーンサルトアタック!田口がどうにかリコシェにタッチする。

エプロンサイドに向かってきたYOHに蹴りを入れ、スワンダイブからのショルダアタック。そして、ベナドリラー2pointがクリーンヒット!そしてフォール。
ところがYOHがこれを返し、リコシェが驚く。リコシェがシューティングスタープレス。フォールに入ったところをSHOが後ろから抱え上げロコモーションのジャーマンスープレックス。
田口がカットでヒップアタックをするもこれをキャッチしロコモーションジャーマン。リコシェがSHOに飛びつき前方回転海老固めからのフットスタンプを見舞う。そしてYOHに対して蹴りを入れて場外へ落とす。
しかし、YOHはロープを掴み転落を防いだだけでなくすぐにリング復帰をしてトラースキック。そして待ち構えたSHOがバッククラッカー、さらにYOHのドロップキック。そして二人でゆらゆら揺れた後に3K!YOHがリコシェを抑えてスリーカウント、ROPPONGI3KがIWGPジュニアヘビー級タッグ王者となる。

第3試合の感想

まさかの海外遠征組が帰国でいきなりタイトル挑戦、かつ戴冠するとは誰が思ったであろうか。時期的に帰ってきてもおかしくなかったが、いきなりタイトル挑戦とはね。締まった体で女子人気が出そう。最近LIJに人気が流れてたのでCHAOSのテコ入れか。
最後の技は3Dぽいから3Kなんかな。タッグチームとしてもちゃんと機能していて動きは良かった。当面タッグチームで専念して、平成のザ・ロッカーズを目指していくとワーキャーとなるんだろう。

YOHのロコモーションジャーマンで途中から田口のヒップアタックを受け止めてやったのは一発目崩れたけど良かった。ヒップアタックが受け止められて返されるというので存在意義を指名したと言える。監督はIWGPジュニアタッグ路線を継続なんだろうか。試合後の会見が楽しみだ。
リコシェはなんだかんだでいつも良い動きをする。うん。面白かった。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*