[感想]10・9 KING OF PRO-WRESTLING 両国大会 第2試合 矢野通 後藤洋央紀 vs ザック・セイバーJr 鈴木みのる

2017年10月9日の新日本プロレス KING OF PRO-WRESTLING 両国大会が開催された。大会の目玉としてオカダ・カズチカの持つIWGPにEVILが挑戦する選手権試合、内藤哲也のもつ1・4東京ドームのメイン出場ができるIWGP挑戦権利証に石井智宏が挑戦した。

G1での因縁を引っ張るカードが複数組まれている。また、田口リコシェが持つIWGPジュニアヘビータッグ王座への挑戦で正体不明の二人組が挑戦するというところも見所。

そこで今回は第2試合の感想を紹介。



第2試合の見どころ

◯矢野通 後藤洋央紀 [場外カウントアウト] ザック・セイバーJr ●鈴木みのる

CHAOSと鈴木軍のタッグ戦。鈴木と矢野それぞれの違ったヒールっぷりが見所か。またNEVER路線の後藤としては鈴木と絡むことはあるのか。
インターコンチで善戦したザックはどのような形で絡むのか。ユニットの抗争は見えるもののレスラー間の絡みが見えにくい。

試合展開

鈴木軍が先に入場、セコンドにはTAKAみちのくとエル・デスペラード。続いてCHAOSの二人が入場。矢野のコール中に鈴木軍が奇襲を仕掛ける。矢野には鈴木、後藤にはザックが仕掛け、全員で場外へ。まず鈴木はマイクコードで矢野の首を締める。何か仕掛けた後に矢野を引き起こしながらナックルパートを連発し、場外通路へ展開する。蹴りを入れながらリングサイドに戻り、矢野をリングに入れると鈴木もリングイン。キックやアームロックで矢野を攻め立てる。

矢野がロープブレイクした際に、鈴木とザックが交代。二人掛かりで両腕に腕ひしぎ逆十字固めを仕掛ける。矢野のロープブレイクにデスペラードがちょっかい出すもブレイク。

矢野のピンチはまだ続く。ザックがリング中央で矢野にインディアンデスロックでダメージを与える。鈴木にタッチし引き続きが足を決める。ザックとタッチを行い、鈴木が足を極めている状態でザックが左腕を締め上げる。レフェリーのカウントで技が解け、ザックが矢野の頭を足でこずく。
場内で矢野コールが起こり、矢野がエルボーで反撃。ロープに走ったザックにカウンターでマンハッタンドロップを極めて後藤にタッチする。

満を辞して登場の後藤はザックにショルダータックル、その勢いでコーナーの鈴木を突き落とす。コーナーに倒れかかったザックに対してニールキックを命中させバックドロップを狙うも左腕を極められそうになる。ところがさらにそこでバックドロップをする。フォールを返したもののダウンしているザックに対してダイビングエルボードロップを仕掛けるが、ザックが下から腕をキャッチし、三角絞めから腕固めを仕掛ける。ザックは技を解き、エルボースマッシュを当てロープにダッシュ。後藤がカウンターで牛殺しを狙うも後ろに回りこみスリーパーホールド、前に回り込みフロントネックロック、そしてアームバーを次々と仕掛ける。
後藤は力で脱出しようとザックを持ち上げるが、そこをするりと抜けたザックがオーバヘッドで腕をキックし卍固めを仕掛ける。卍固めの変形に動いた時に後藤が脱出し、牛殺し。

後藤は矢野に、ザックは鈴木にそれぞれ交代する。矢野が鈴木にサミングし、その隙にいつものようにコーナーポストを剥がす。コーナーの矢野めがけて鈴木が突っ込むのを見計らい矢野が回避。そしてYTRとポーズをとるが、鈴木は激突していなかったので背後から矢野に近寄り、振り向いた矢野めがけてパンチ。フロントキックで倒れた矢野は場外へエスケープしようとするも鈴木に捕まりリング中央に戻される。腹部に鈴木がニーリフトを入れると転がり落ちるように場外へエスケープ!
ところが場外に控えていたTAKAとデスペラードがランバージャックデスマッチのように強制的に矢野をリングに戻す。

サッカーボールキックからフォール。矢野は返してのち隙をついて急所攻撃を仕掛けるが鈴木がガード。お返しと言わんばかり強烈な頭突きをお見舞いする。
場外で矢野と鈴木、後藤とザックが争い分断。鈴木がどこから工事現場などで使う黄色と黒のロープを矢野に巻きつける。その間場外カウントが進む。
縛られて抵抗できない状態の矢野に対して鈴木がビンタを入れ、背後から首を締めようと腕を回した時に、右足で急所攻撃をする。
鈴木は場外でもんどりうっている時に矢野がリングに生還し、場外カウントが20。CHAOSの勝利となる。
リング上でNEVERのベルトを肩にかけYTRを行い脱出。残った鈴木は暴れて椅子を持ったままバックヤードへ帰る。ザックもレフェリーにフロントチョークを仕掛けて帰っていく。

第2試合の感想

想像通りの鈴木、矢野の反則とザックのサブミッションで構成された試合だった。ちょっと映える持ち技といったら後藤が牛殺しをしたくらいか?
それでも、あれ?後藤がいない?というくらい目立っていない。
反則合戦になる時点で後藤の持ち味はなくなるとは思ったが、待っとくといっていいほど鈴木と絡んでいない。またNEVERにいくと思ったがそうでもないようだ。
代わりに矢野がNEVER戦線に浮上したのかも。ベルトを肩にかけてYTRをしたことと、鈴木が椅子を持って帰っていったこと。もしかしたら通常放送の時にこのバックヤードも放送するんじゃないだろうか。ここで矢野のNEVER戦が決まったりするのかもしれない。その路線なら意外だった。

まあ、第2試合だから派手な技の応酬はまだできないよね。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*