[感想]10・9 KING OF PRO-WRESTLING 両国大会 第1試合 レオ・トンガ 高橋裕二郎 バッドラック・ファレ vs 高橋ヒロム BUSHI SANADA

2017年10月9日の新日本プロレス KING OF PRO-WRESTLING 両国大会が開催された。大会の目玉としてオカダ・カズチカの持つIWGPにEVILが挑戦する選手権試合、内藤哲也のもつ1・4東京ドームのメイン出場ができるIWGP挑戦権利証に石井智宏が挑戦した。

G1での因縁を引っ張るカードが複数組まれている。また、田口リコシェが持つIWGPジュニアヘビータッグ王座への挑戦で正体不明の二人組が挑戦するというところも見所。

そこで今回は第一試合の感想を紹介。



第1試合の見どころ

レオ・トンガ 高橋裕二郎 ●バッドラック・ファレ [毒霧→スクールボーイ] 高橋ヒロム ◯BUSHI SANADA

バレットクラブとロス・インゴベルナブレス・デ・ハポ(LIJ)のタッグ戦だが、レオ・トンガの売り出しマッチ、というのもこのメンツではダリルがファレに引き裂かれたくらいじゃないか?
レオの実力や働きっぷりをいかに認知させるかがテーマか。ではなぜ、LIJが相手なのか。もう単純に人気があるからであろう。

派手な技をしないことが第一試合に求められるがどうであろうか。

試合展開

LIJの3人が先に入場。後からバレットクラブが入場する。レフリーによるボディーチェックのあとにLIJが奇襲を仕掛ける。ヒロムがファレに上着を投げつけコーナーでストンピング。SANADAが裕二郎に、BUSHIがレオを場外に突き落とし追いかけていく。

対角線のドロップキック、二発目も狙うがショルダータックルで返される。ファレはヒロムを引き起こしボディスラム。ボディスラムの反動で膝立ちになったヒロムはコーナーへ避難する。ファレがヒロムをリング中央に引っぱりショートレンジのラリアット、そしてヒップドロップ。

ファレが悠次郎にタッチ、フライングメイヤー、ストンピング。ダウンしたヒロムを挑発し、レオにタッチする。

レオはヒロムにエルボー、フォール。軽々と持ち上げボディスラムからのフォール。コーナーに連れて行き裕二郎とタッチ。

レオがコーナーにヒロムを捉えている間、タッチした裕二郎はLIJのコーナーへ走って行き控えているBUSHIへ蹴りを入れる。
その間、レオがヒロムの背中にハンマーパンチ。悠次郎がヒロムにサミング?、ロープに寝かしつけての顔面蹴り。フラフラとしたヒロムを捕まえブレーンバスターに持ち上げるも、ヒロムは隊を返して着地。反撃でトラースキックを見舞うもキャッチされてしまう。足を払らわれダウンするヒロムに対して、ロープワークから低空のキックを見舞おうとするもヒロムが回避。ヒロムのショートレンジのアームパンチを裕二郎が回避して前蹴り、そしてロープに走る。戻ってきたところをヒロムがヘッドシザーズホイップで投げる。

ヒロムが這いながらコーナーへ向かうも、先に裕二郎とタッチしたレオがリングインし、ヒロムの足を引っ張るが脱出し、SANADAとタッチする。SANADAはレオの蹴りを避けエルボーを入れるも、一発のエルボーで反撃される。ロープに走ったレオに対して、往復のリープフロッグからのドロップキックを命中させレオを場外に落とす。
代わりにリングインした裕二郎を挑発し突っ込んでこませたところをロープを掴んで回避し、場外へ転落させる。そしてSANADAはコーナに残っているファレの右足に向けて低空のドロップキックを命中させて場外に落とす。場外のレオと裕二郎のところへノータッチのプランチャを敢行し命中させる。その後、SANADAは場外のレオをリングに戻す。
SANADAがレオにナックルを入れ、頭突きをするも自分の方が痛く、レオに「反撃の機会を与えてしまう。レオは頭突きを入れたとブレーンバスターを仕掛けるが、SANADAが空中で体を入れ替え脱出する。レオの背後をとってジャーマンを狙うも右腕で叩かれ逃げられてしまう。
辛くも脱出したレオはロープに走るが場外のBUSHIに足を叩かれて妨害される。その行為に怒ったレオは場外のBUSHIを追いかけようとするも、トップロープを跨いだところでSANADAがロープを蹴り上げたため股間を強かに打ち悶絶。

ここでBUSHIとタッチ。コーナーに登ったBUSHIはミサイルキックを命中させる。そしてロープに走ったところをカウンターのビッグブートが命中してしまう。
レオは股間を抑えながらファレにタッチ。圧倒的なパワーでファレがBUSHIを引き起こす。場外ではSANADAとレオ、ヒロムと裕二郎が乱闘している中、ファレがグラネードをやるアピール中に、なんとかBUSHIは脱出。反撃しようとロープに走るがカウンターで前蹴りをくらい、バッドラックフォールの体勢に持ち上げられる。
ファレがBUSHIを落とそうとすると、ヒロムがダリルを持って目の前に登場したため、BUSHIを離してヒロムに襲いかかる。ヒロムは回避し、ロープ際でレフェリーに寄りかかり、死角を作る。そこで BUSHIがファレに毒霧!そのままスクールボーイでスリカウント。BUSHIがファレから3カウントを奪う!

第一試合の感想

第一試合の感想として特に大技らしい大技は出さず試合を終えるという役目は十分い果たしたと言える。また、唯一の因縁的なファレがダリルを破ったという伏線を活かしたところか。もしかすると今後もファレvsヒロムwithダリルは使われていくかもしれない。ファレにぬいぐるみか猫にトラウマ設定が追加されたりして。

ただ、この試合でのレオ・トンガの良さは全くなかった。今日の仕事は背が高いだけ外国人。個人的にはGODに加わり、NEVER6人タッグに早く行ってもらいたい。
もうIWGPタッグのメンツを変える意味でも路線変更のための人員強化と思いたい。

で、この試合のベストは高橋ヒロムで文句はないだろう。逆に裕二郎とSANADAがちょっと心配。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*