[予想] 10・9 KING OF PRO-WRESTLING 両国大会をザックリ予想

2017年10月9日の新日本プロレス KING OF PRO-WRESTLING 両国大会が開催された。大会の目玉としてオカダ・カズチカの持つIWGPにEVILが挑戦する選手権試合、内藤哲也のもつ1・4東京ドームのメイン出場ができるIWGP挑戦権利証に石井智宏が挑戦する。

G1での因縁を引っ張るカードが複数組まれている。また、田口リコシェが持つIWGPジュニアヘビータッグ王座への挑戦で正体不明の二人組が挑戦するというところも見所。



本日の対戦カード

第1試合
レオ・トンガ 高橋裕二郎 バッドラック・ファレ vs 高橋ヒロム BUSHI SANADA

第2試合
矢野通 後藤洋央紀 vs ザック・セイバーJr 鈴木みのる

第3試合 IWGPジュニアタッグ選手権試合
リコシェ 田口隆祐 vs X X

第4試合 IWGPタッグ選手権試合 3WAYトルネードイリミネーションマッチ
ハンソン レイモンド・ロウ vs デイビーボーイ・スミスJr ランス・アーチャー vs タンガ・ロア タマ・トンガ

第5試合
邪道 バレッタ YOSHI-HASHI vs マーティ・スカル コーディ ケニー・オメガ

第6試合
真壁刀義 棚橋弘至 vs ジュース・ロビンソン 飯伏幸太

第7試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合
KUSHIDA vs ウィル・オスプレイ

第8試合 東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦
石井智宏 vs 内藤哲也

第9試合 IWGPヘビー級選手権試合
オカダ・カズチカ vs EVIL

ザックリ予想

第1試合

レオ・トンガ 高橋裕二郎 バッドラック・ファレ vs 高橋ヒロム BUSHI SANADA

バレットクラブ vs LIJのタッグ対決。おそらく試合は20分弱になると予想。一通り持ち技を出したのち、BUSHIかSANADAがファレにグラネードを浴びてバレットクラブが勝つと予想。
今後の希望の展開として、レオ・トンガはタマ・トンガとタンガ・ロアと3人でユニットを組んでNEVERタッグ戦線に行くのでは。
バレットクラブとLIJと人気のあるユニット同士の対決になるもの因縁的なのはできなさそう。

第2試合

矢野通 後藤洋央紀 vs ザック・セイバーJr 鈴木みのる

CHAOS vs 鈴木軍のタッグ対決。おそらく矢野がザック・セイバーJrにタップして負ける。矢野と鈴木がヒール的なものやり取りで盛り上がりそう。またザックの技術のアピール場にもなりそう。
今後の希望の展開として、後藤と鈴木の因縁ができることで後藤のNEVER挑戦が決定しないかな。

第3試合 IWGPジュニアタッグ選手権試合

リコシェ 田口隆祐 vs X X

相手次第。ただ、よほどの大物ではない限りベルトの移動はない予想。
海外遠征組が戻ってきてのタイトル挑戦はないだろう。そう考えるとメキシコ人かアメリカ人か、はたまた他団体に上がっていたレスラーか。
今後としてはジュニアタッグも3つ巴になると予想。ただ、日本人選手の登場を待つ。

第4試合 IWGPタッグ選手権試合

ハンソン レイモンド・ロウ vs デイビーボーイ・スミスJr ランス・アーチャー vs タンガ・ロア タマ・トンガ
DESTRUCTIONと同じカードでちょっと食傷気味のカード。選手権試合なのにワクワク感がない。日本の文化では3WAYは面白さがあまり伝わっていないのではなかろうか。
試合はウォーマシンが暴れまわるも最終的にはKESがGODを抑え勝利しそう。ベルトの移動は無いと思う。
マンネリ化しているタッグ戦線のテコ入れのためにGODをNEVERに回して、日本人ユニットを入れるのではなかろうか。三つ巴の状態は継続するはず。
ただ日本人ユニットがピンとこない現状、意外なユニットができないだろうか。

第5試合

邪道 バレッタ YOSHI-HASHI vs マーティ・スカル コーディ ケニー・オメガ

テーマはYOSHI-HASHIのためのUSヘビー級に向けての前哨戦。どれだけ因縁を深めることができるかになる。
試合は邪道がマーティに対してクロスフェイス・オブ・JADOで決めそう。内容としてはYOSHI-HASHIがケニーの足を攻めてダメージを負わせた形をUSヘビー戦に持って行くのではなかろうか。また試合後に「俺のハートは砕けたか?」の話題を引っ張って欲しい。できれば名言も。

第6試合

真壁刀義 棚橋弘至 vs ジュース・ロビンソン 飯伏幸太

棚橋と飯伏のインターコンチまでの飯伏ストーリー作りか。少し絡みを強めることで東京ドームでの期待を煽る試合。
試合は乱戦の中ジュースが真壁をパルプフリクションで沈めそう。ジュースもヘビーに鞍替えしたことで多少なりと勝ち星を持たせる必要があると思う。
試合後は前回同様に棚橋が飯伏を呼びつけ、何かを話す。

第7試合

IWGPジュニアヘビー級選手権試合

KUSHIDA vs ウィル・オスプレイ

ジュニア戦線の主役としてKUSHIDAが頑張ると予想。オスプレイの身体能力の高さに驚かされっぱなしになりそう。最後は一瞬の隙をついてKUSHIDAが逆転してバック・トゥ・ザ・フューチャーで決めそう。
今後の展開として、ジュニア戦線にKUSHIDA、高橋ヒロム、オスプレイの他の選手が絡んで欲しい。面白い展開の中、なんだかんだでKUSHIDAが持ち続けたら面白そう。

第8試合 東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦

石井智宏 vs 内藤哲也

どうしても戦う動機が見えない試合。内藤が言っているように石井の言葉が足りない。これは内藤がはっきり言うから対比として少なく感じてしまうためではある。
試合は荒れた石井が内藤を攻めるも、最後は内藤が勝つ。大方の予想通りの展開だろう。
試合後の石井のポジションがどうなるか。CHAOSのタッグ屋として活動するのか、シングルプレーヤーとしてベルト戦線に絡むのか。
石井が勝ったらさすが新日本!と諸手を挙げるけど。

第9試合 IWGPヘビー級選手権試合

オカダ・カズチカ vs EVIL

LIJの2番手としてEVILの審査試合と考えている。試合は苦戦するもののレインメイカーで決まる。
LIJの中で内藤の人気実力が圧倒的なので2番手とし内藤に近づけるかが鍵。勝敗というよりは内容重視か。もちろん勝つに越したことはないが、東京ドーム大会を考えると、オカダvs内藤は一番支持があるカードではなかろうか。内藤vsEVILも面白そうではあるが。

EVILが勝ったらさすが新日本!と諸手を挙げる。

全体予想として

今大会はベルトの移動はないんじゃないだろうか。というのも東京ドーム大会の因縁・関係作りになりそう。

個人的にはIWGPジュニアヘビー戦に注目したい。タッグのベルトも盛り上げていって欲しい。そのためには超獣コンピのようなシングルでも人気実力を兼ね揃えた二人のタッグチームが見たいものだ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*